テテのつぶやき
CalibrizeをWindows 7で使用する方法

RSS 1.0

テテの不定期日記です。短めのつぶやきはtwitter (twilog)にて。



CalibrizeをWindows 7で使用する方法

日時: 2011年6月8日 18時25分
カテゴリ: 日記

たまには役立ちそうなことでも書いてみようかと。

パソコンのモニターの色調整(カラーキャリブレーション)を行うフリーウェアに、Calibrizeというものがあります。これをWindows 7で使う方法について書きます。Windows x64版でも問題なく動作しています。

Windows 7には、「画面の色調整」というカラーキャリブレーション機能が標準で組み込まれています。しかし、この機能を使ってモニターの正確な色調整を行うのは、とても難しいように感じます。私はWindows 2000をメインに使っていた時から、Calibrizeを愛用しています。Calibrizeの使い方については、他のサイトを参照してください。

まず、http://www.calibrize.com/ からCalibrizeをダウンロードし、Windowsにインストールします。

次に、Windowsの「画面の色調整」機能を無効にします。無効にする方法は、「色の管理設定を変更する」の「Windows による調整情報の読み込みを有効または無効にするには」という項に書かれています。リンク切れ対策のため、以下に抜粋します。

Windows による調整情報の読み込みを有効または無効にするには、管理者特権を持つユーザー アカウントを使用してログオンする必要があります。

  1. [色の管理] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「色の管理」と入力し、[色の管理] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブ、[システムの既定の変更] の順にクリックします。
  3. [色の管理 - システムの既定値] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブをクリックし、次のいずれかの操作を行います。
    • ディスプレイ調整情報を Windows に読み込ませるには、[Windows のディスプレイ調整を使用] チェック ボックスをオンにします。
    • ディスプレイ調整情報を Windows に読み込ませないようにするには、[Windows のディスプレイ調整を使用] チェック ボックスをオフにします。
  4. [色の管理 - システムの既定値] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。
  5. [色の管理] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。

さらに、Calibrize以外でモニターの色調整を行っているものがある場合、それらも無効にする必要があります。例えば、ディスプレイアダプター付属のソフトウェアが独自にモニターの色調整を行っている場合は、それを無効にします。ディスプレイアダプターの設定から無効にできる場合もありますが、Intelの内蔵グラフィックスのように、一筋縄ではいかない場合もあります。

  • Intel Core-i5 2500K等に内蔵されている「HD グラフィックス」の色調整を無効にする方法を書きます。

    1. 「システム構成」を開きます。「ファイル名を指定して実行」にmsconfigと入力しても開けます。
    2. 「スタートアップ」タブを選ぶと、「Intel(R) Common User Interface」というスタートアップ項目が複数あるので、それらのチェックを全て外し、OKボタンを押します。
    3. これで、Windowsの起動時等にIntelのグラフィックスドライバーがモニターの色補正を行うことは無くなりますが、デスクトップの右クリックメニュー等からIntelの「グラフィック プロパティ」を開いてしまうと、また「Intel(R) Common User Interface」というスタートアップ項目が復活してしまいます。

      Intelの「グラフィック プロパティ」をいじる必要がないという方は、このメニュー項目を削除できます。詳しくは「グラフィックス − デスクットップで右クリックして表示されるコンテキスト・メニュー表示を削除する方法」に書かれています。リンク切れ対策のために書いておきますが、以下のレジストリキーを削除しているだけです。

      • HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shellex\ContextMenuHandlers\igfxcui

      なお、このメニュー項目を削除すると、デスクトップの右クリックメニューの表示速度が向上するというおまけも付いているので、私は削除しています。

  • NVIDIAの場合は、「NVIDIA コントロール パネル」-「ディスプレイ」-「デスクトップ カラー設定の調整」で、「他のアプリケーションによってカラー設定をコントロールする」を選びます。

    NVIDIA コントロール パネル

最後に、適切なタイミングでCalibrizeのCalibrizeLoader.exeが実行されるよう、タスク スケジューラにタスクを追加する必要があります。Windowsの「Calibration Loader」タスクをコピーして、その設定をCalibrize用に修正します。

  1. 「タスク スケジューラ」を開きます。「ファイル名を指定して実行」にtaskschd.mscと入力しても開けます。
  2. 左側の領域で、「タスク スケジューラ ライブラリ」-「Microsoft」-「Windows」と展開していき、「WindowsColorSystem」を選択します。

    タスク スケジューラでWindowsColorSystemを選択

  3. 真ん中の境域にある「Calibration Loader」という項目上で右クリックして「エクスポート」を選択し、適当な場所にCalibration Loader.xmlファイルを保存します。

    Calibration Loaderの設定を外部ファイルに保存

  4. 真ん中の領域の空いているところで右クリックして「タスクのインポート」を選択し、先ほど保存したCalibration Loader.xmlファイルを開きます。
  5. 「タスクの作成」ウィンドウが表示されるので、以下のような感じに修正します。
    1. 「全般」タブにある「名前」を「Calibrize Gamma Loader」等に変更します。

      名前をCalibrize Gamma Loaderに変更

    2. Vista等をご使用の方の参考になるか分かりませんが、一応載せておきます。「トリガー」は「任意のユーザーのログオン時」と「任意のユーザー セッションへのローカル接続時」となっています。

      トリガータブ

    3. 「操作」タブにある「カスタム ハンドラー」を削除し、「新規」ボタンを押して「新しい操作」ウィンドウを開きます。
    4. 「操作」が「プログラムの開始」になっていることを確認し、「参照」ボタンを押し、CalibrizeLoader.exeのパスを指定します。CalibrizeLoader.exeは、Calibrizeがインストールされているフォルダ内にあります。私の環境では「C:\Program Files (x86)\Calibrize\CalibrizeLoader.exe」ですが、違う場合もあります。

      CalibrizeLoader.exeのパスを指定

    5. OKボタンを押して「新しい操作」ウィンドウを閉じ、「タスクの作成」ウィンドウもOKボタンを押して閉じます。
    6. 先ほど作成したタスク上(「Calibrize Gamma Loader」等)で右クリックし、「有効」を選択します。
    7. タスク スケジューラを閉じます。
  6. Windowsにログオンし直すか、Windowsを再起動します。
  7. Calibrizeでモニターの色調整をした後に、Windowsの「色の管理」を開き、Calibrizeが作成したICCプロファイルが、既定のプロファイルに設定されていればOK。うちの環境では文字化けしちゃってますが。

    色の管理

以上で終わり。ふう。モニターの色調整を適切に行っていれば、ICCプロファイルが埋め込まれた画像を対応ソフトで見るときに、適切な色で表示されます。現行のFirefoxやIE9等も、ICCプロファイルに対応しています。

私も色味の重要なJPEG画像をアップロードするときは、ICCプロファイルを埋め込むようにしてます。^^

コメント一覧

お名前: 通りすがり
日時: 2012年5月8日 7時31分
とても感謝しました。
新しいノートPCを購入し、使っていたのですが。
あまりにひどい色・・・青みが強い、状況を何とかしようと、
悪戦苦闘しているところで、このページがみつかりました。

図解と、省略のない説明で、スムーズに行うことができました。
ソフトウェア開発者の方と、使い方を解説してくれた方に、
感謝します。
ありがとうございました。
お名前: テテ
日時: 2012年5月8日 17時27分
お役に立ててうれしいです。もっと簡単にモニターの色補正を行えればいいのですけどね。
お名前: 初心者
日時: 2013年8月1日 12時50分
大変助かりました。
どうもありがとうございます。
お名前: テテ
日時: 2013年8月1日 13時2分
どういたしまして。(^^)
お名前: 検索してたどり着きました
日時: 2013年12月24日 19時58分
いろいろと検索してたどり着きました。
とってもわかりやすくて、助かりました。
ありがとうございました!
お名前: テテ
日時: 2013年12月24日 22時36分
どういたしまして。お役に立ててうれしいです。

コメントを書く

認証コード画像 画像内の文字を半角で入力してください。

動作:

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:


他の記事

記事検索フォーム

Google

カレンダー

前月へ | 2014年8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近のコメント

  1. QUAD-CAPTUREのUSBケーブルの接続先PCを変えて、RMAAを実行してみた
    • テテ [2014-08-23]
    • アイヴァーン [2014-08-23]
    • テテ [2014-08-21]
    • アイヴァーン [2014-08-21]
  2. CalibrizeをWindows 7で使用する方法
    • テテ [2013-12-24]
    • 検索してたどり着きました [2013-12-24]
    • テテ [2013-08-01]
    • 初心者 [2013-08-01]
    • テテ [2012-05-08]
    • 通りすがり [2012-05-08]
  3. Roland QUAD-CAPTURE UA-55がキタ
    • 友友狗部落格 [2012-12-05]
  4. Firefox 16.0.1とEarlybird 16.0.1 私的ビルドをアップ (CanvasのputImageDataを高速化)
    • テテ [2012-11-23]
    • [2012-11-23]
  5. 人体感知センサーを組み立てた
    • ケンタ [2012-10-05]
    • テテ [2012-10-04]
    • ケンタ [2012-10-04]

過去ログ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。